妊娠中の熱中症と貧血での入院の詳細について

人気の保険ランキング【 保険料で損をしないオススメの保険会社選び 】

トップページ > 妊娠中の熱中症と貧血での入院
妊娠中の熱中症と貧血での入院

"私は、妊娠中に熱中症と貧血で5日間、産婦人科のある大学病院に入院しました。

最初はグッタリしていましたが、点滴をたくさん入れたら元気になってきました。

そこは産婦人科の4人部屋でしたが、ハイリスク出産の人だらけのお部屋でした。
なので、中には何ヶ月も入院している人もいました。

けれど、皆とてもいい人ばかりのお部屋で、他のお部屋は皆カーテンを閉めていたけれど、私達のお部屋はカーテンは完全に開放していました。
看護師さん達に「このお部屋は明るいね」と言われていました。
正直、女子高のような雰囲気でした。

看護師さんや助産師さんも明るい方が多く、とても雰囲気が良かったです。

お金は4泊5日で5万円以上かかってしまいましたが、医療保険が適用されたので、そのうちの35000円は補てん出来ました。

皆で「1泊1万円のところなら、結構いいところに泊まれるんじゃない?」とよく言っていました。
これが病院でなくて、温泉とかなら良かったのにね、と話していました。

私は5日間で退院出来ましたが、場合によっては出産までずっと病院生活ということもあります。
出産準備(持ち物など)は早めに確認しておいた方が良いと思います。"

Copyright © 2012 人気の保険ランキング【 保険料で損をしないオススメの保険会社選び 】 . All rights reserved